DIY製作

エッセ/エッセカスタム L235S ライトレベリングスイッチ(光軸調整スイッチ)LED打ち替え

更新日:

内装LED化の中でも比較的簡単にできる小物スイッチを今回はLED化しました。

車種はダイハツのエッセ/エッセカスタムで、ライトレベリングスイッチをごんた屋鉄兜を使用して美白化してみました。

この手の小物スイッチは結構かんたんに作業できるので、初心者の方はこういったスイッチ関連から練習していくと良いです。

見たい項目だけすぐ見れる目次

手順1

L235ライトレベリングスイッチ

まずはじめに前面のカバーを取り外します。

精密ドライバーなどを使用して上下にあるツメが引っかかっている部分を持ち上げて画像のように取り外します。

手順2

002

次にサイド部分のカバーも同じ要領で取り外します。

ツメが4箇所ありますので精密ドライバーを使ってうまく使って下さい。

取り外すと内部の基板が見えます。

手順3

003

純正のオレンジLEDを打ち替えます。

画像で見て上の部分がマイナス、下がプラスになるので極性を間違えないようにLEDをハンダ付けして下さい。

手順4

004

LEDを打ち替えたら点灯をチェックします。

しばらく点灯させて問題なければカバーを取り外した逆の手順で戻していってください。

元通りにカバーを取り付けたら完成です。

最後に

完成画像

完成したスイッチはどのくらい純正とくらべて明るくなったのか?

純正のオレンジ点灯と打ち替えたホワイト点灯を比べてみました。

純正オレンジと比べると、かなり明るくなりました!内装はいつも目につく部分ですのでこれだけでもイメージがかなり変わります。

作業手順的にはとても簡単ですので是非チャレンジしてみてください。

-DIY製作
-, , ,

Copyright© 俺のDIYカスタム , 2018 AllRights Reserved.